吉咲志音のティールーム

恋愛小説家、吉咲志音のブログ。拙著について語っています。ハニー文庫『月の帝王と暁の聖花』、『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~仮面舞踏会の蜜夜~』発売中!

淑女の皆様ごきげんよう。吉咲志音です。
8/1より電子書籍も販売になりましたので情報を更新しました。
男装の麗人!クールな女騎士!放蕩者な王子様!仮面舞踏会!ついでに馬車とクラヴァットとマスケット銃と手袋と軍服!
ロマンスの要素をぎゅぎゅっと詰め込んだ恋愛小説はいかがですか?

無料お試し読みは→こちらからどうぞ!

『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~仮面舞踏会の蜜夜~』

吉咲志音(著)水綺鏡夜(イラスト)
帯付き
→ハニー文庫公式サイト『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~仮面舞踏会の蜜夜~』はこちら

★全国の書店にてお買い求めいただけます!★

オンライン書店で購入

  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

電子書籍を購入

  • 電子書店パピレス
  • 電子貸本Renta!
  • kindle
  • シーモア
  • booklive
  • ebookjapan


★あらすじ★
 
「そういう態度が、よけい男のプライドをくすぐるんだよ」
公爵の愛人と噂される騎士団長のクレアは、盗賊のジョンの人質となり森のアジトで際どい体験をしてしまう。しかしジョンの正体は…。

「お前なんかに……屈するものか」
ブランチャード公爵直属の『白獅子の騎士団』の団長を務める女騎士クレアは屋敷に侵入した賊――ジョンを取り逃がしたばかりか、追走の末に負傷したところを助けられる。
公爵の愛人と噂されながら初心なクレアの言動にそそられたジョンは、官能で矜持も忠誠心も奪おうとしてきて…。
そんな人に言えない一夜を過ごしたクレアだが、王宮の仮面舞踏会でジョンと再会し…。



★キャラクター紹介★

クレア・ハーディング………ブランチャード公爵家に仕える『白獅子の騎士団』団長
ジョン………公爵家に侵入した賊。正体は謎多き放蕩王子
ブランチャード公爵………クレアの主。派手好きな貴族。政界の実力者でもある
マーガレット………ブランチャード公爵の娘。クレアを姉のように慕っている

ジョンとクレアの二人のロマンスが中心のお話ですが、脇役も多いです。
特にクレアの主であるブランチャード公爵と、公爵令嬢マーガレットは二人の未来に大きく影響するので、彼らの活躍もお楽しみに。


★特別公開!キャラクター設定&表紙ラフ★

設定

今回はなんと!特別に許可をいただきまして!ジョンとクレアのイラストラフを公開させていただけることになりました!水綺先生からいただいたイラストをまとめなおして設定資料っぽく説明つきでまとめてみましたがいかがでしょうか。

まだキャラクターの調整中の段階にいただいたものなので、ジョンの髪は少々長いのですが、ジョンの偉そうで胡散臭そうなかんじとか、クレアの凛としたかんじとか、すごくキャラクターを理解してくださっていてありがたくて感涙でございました。
ちなみにジョンは黒髪に灰色の瞳。嵐の空のような不思議な色。
クレアは淡い色の金髪に氷のような青い瞳。小説内では青緑と表現しているところもありますが、クールなイメージがとても素敵です。

あと、こちらは表紙イラストのラフです!
カバーラフ小
表紙のジョンは現在は仮面を持っていますが、ラフの段階では、なんと拳銃を持っていたのです!
タイトルが決まったのが後になったので、仮面舞踏会ということで仮面を持つことになりましたが、
ティーンズラブの甘い感じじゃなくてアクションとかハードなかんじでハァハァ滾りますね最高です。

→水綺先生のツイッターはこちら!


★世界観とストーリー★


18世紀後半のヨーロッパのような架空の世界を舞台にした、とある王国の物語。
歴史ある公爵家の堅固な城と領地を守る『白獅子の騎士団』は、救国の英雄として国中から尊敬を集めています。時代的にすでに甲冑は廃止され、騎士団という名前だけが残っている軍隊です。
団員たちはマスケット銃を背負い、銃騎馬兵の精鋭部隊として活躍しています。

クレアは女性ながら騎士団長をつとめていますが、その美貌から公爵の愛人だと噂されています。
王都から離れた領地で平和な日々を送っていたクレアでしたが、ある日、城に賊が侵入したことで
大きく運命が動き始めます。
土埃舞う騎士団の世界から王宮の仮面舞踏会。妖しげな貴族社会まで。
ヒストリカルロマンスの世界をお楽しみください。


★無料お試し読み★

Pixivノベルで第一章がっつりお試し読みができます!こちらからどうぞ!
物語は二人の再会の場面から始まります。
ジョンとクレアの過去。二人になにかあったのか。二人の出会いの物語は第二章から始まります。
続きはどうぞ本編で!!


★裏話とか★

ジョンは、『ジョン・ドゥ』とか『ジョン・スミス』という、どこにでもいてどこにもいない『名無しさん』の意味でもありますが、大好きなロマンス小説のヒーローの名前でもありまして。
『青い瞳の狼』という作品で、ロマサスの女王、リンダ・ハワード先生の作品に登場するヒーロー。最高に面白い作品なので是非ご興味があればご一読ください。
もちろんジョンは偽名。本当の名前は作品の中に出てきます。

男装ヒロインが大好きです。頑張る女子が幸せになるお話が大好きです。
ヒーローのジョンは王子様。惚れた女にはどこまでも一途で執着気味なやつです。
ジョンは二人の間にある壁を乗り越え、クレアを幸せにできるのか。ジョンの頑張りを応援してください。


というわけで、ロマンスの要素がギュギュっとつまった本作。
よろしければどうぞお手元に!



↓帯び無し表紙イラスト♪
tl_1
▼特典情報
SSは物語の後日談になっておりまして、ラブラブな甘いお話になっています。
お近くにお住まいの方は是非。先着順なので無くなる場合もあります。

★特典1:SS配布書店はこちら。
【中央書店コミコミスタジオ様】(通販)
【中央書店コミコミスタジオ様】(広島店)
【中央書店コミコミスタジオ様】(町田店)
【ホーリンラブブックス様】

★特典2:表紙絵使用ブロマイド
【ホーリンラブブックス様】
SSだけじゃなくて水綺先生の美麗な表紙絵のブロマイドも付きます。

ロマンス小説がお好きな方も。ティーンズラブがお好きな方も。
ハッピーエンドのロマンスがお好きな方に楽しんでいただけますように。
クレアとジョンの冒険をお届けできれば幸いです。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット