吉咲です。今年も宜しくお願いいたします。

11月にハニー文庫様から発売された『月の帝王と暁の聖花』ですが、
1月1日、元旦!お正月からの電子書籍配信という、なんともめでたいことになりました。

DMjHzdKVwAAvAW9
ハニー文庫『月の帝王と暁の聖花』吉咲志音(著) ウエハラ蜂(画)
→公式サイトの情報はこちら!


  • amazon.co.jp
  • ブックサービス
  • セブンネットショッピング
  • honto
  • 楽天ブックス
  • HonyaClub
  • TSUTAYA

★電子書籍配信サイトはこちら!

    • 電子書店パピレス
    • 電子貸本Renta!
    • kindle
    • シーモア
    • booklive
    • ebookjapan

→お試し読みはこちら!!!


▼あらすじ

神は……これ以上、私に何を求めているのか
王女に生まれるも、神の化身として男装し戦場を駆けていたパドメは
戦勝国の王チャンドラに嫁ぐことに……。

戦装束に身を包み、荒ぶる女神のごとく振る舞えば兵は皆奮い立つ――
王女として生まれながら予言により神の化身となったパドメ。
しかし悪政により国は破れ、貢物として敵国の王チャンドラに嫁ぐことに。
黒豹のように鋭く美しい男に誇りと純潔を奪われた初夜。
一方、チャンドラは高嶺の花を欲望で踏みにじった背徳感と、
もう二度と浮き上がれないほどの愛の深みにはまりゆく自分を感じていて……。


年始のご挨拶がおくれて申し訳ないです。実は年末からずっと体調を崩しておりまして(汗)

年賀状やご感想のお手紙を下さった皆様、本当にありがとうございます。
とても励みになりました。元気百倍です。弱った体もおかげで随分と回復いたしました。

西洋風ロマンスが大全盛のティーンズラブ小説界隈で
古代インドというかなりとがった世界観、おまけに史実を元にした話ということで
受け入れられるのかドキドキでした。

でも、この世界が好きだ、面白かった!と、好意的なご感想をたくさんいただきまして、
また拙著を読んで古代インドに興味をもったという方もいらっしゃいまして。
お読みになったどなたかの心の中でキャラクターたちが生きているのかと思うと感慨深く。
この作品を世に出すと決めてくださったハニー文庫の編集担当者様、ありがとうございます…!


ハニー文庫編集部宛にお手紙や葉書でご感想をお送りいただいた方には
もれなくオリジナルのSSをお送りしております。
エピローグ後、チャンドラとパドメのラブラブな後日談をお読みになりたい方は是非どうぞ。
『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~』のSSもありますので、ご希望があればそちらもお送りいたします。

お手紙や葉書を編集部宛にお送りくださると、私宛に転送していただけるのです。
なので、私から直接SSをお送りできるというわけです。
せっかくなので、お礼させてください。SSくらいしかお送りできませんが。

ご感想、お待ちしております!


ハニー文庫『月の帝王と暁の聖花』吉咲志音(著) ウエハラ蜂(画)
→公式サイトの情報はこちら!