吉咲志音のティールーム

恋愛小説家、吉咲志音のブログ。拙著について語っています。ハニー文庫『月の帝王と暁の聖花』、『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~仮面舞踏会の蜜夜~』発売中!

淑女の皆様ごきげんよう。吉咲志音です。
男装の麗人!クールな女騎士!放蕩者な王子様!仮面舞踏会!ついでに馬車とクラヴァットとマスケット銃と手袋と軍服!ロマンスの要素をぎゅぎゅっと詰め込んだ恋愛小説はいかがですか?

ワーオ!なんてキラキラしてる表紙なの!
『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~仮面舞踏会の蜜夜~』
吉咲志音(著)水綺鏡夜(イラスト)
tl_1

6月12日(月)発売! (6/9配本)
→ハニー文庫公式サイト『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~仮面舞踏会の蜜夜~』はこちら

★あらすじ★
「そういう態度が、よけい男のプライドをくすぐるんだよ」
公爵の愛人と噂される騎士団長のクレアは、盗賊のジョンの人質となり森のアジトで際どい体験をしてしまう。しかしジョンの正体は…。

「お前なんかに……屈するものか」
ブランチャード公爵直属の『白獅子の騎士団』の団長を務める女騎士クレアは屋敷に侵入した賊――ジョンを取り逃がしたばかりか、追走の末に負傷したところを助けられる。
公爵の愛人と噂されながら初心なクレアの言動にそそられたジョンは、官能で矜持も忠誠心も奪おうとしてきて…。
そんな人に言えない一夜を過ごしたクレアだが、王宮の仮面舞踏会でジョンと再会し…。


★全国の書店にてお買い求めいただけます!★

▼インターネット通販サイトはこちら 
・Amazon
・セブンネットショップ
・TSUTAYAオンライン
・e-hon
・BOOKFAN
・アニメイト
・楽天ブックス
・ホーリンラブブックス★特典SS&表紙ブロマイド付き
・中央書店コミコミスタジオ★特典SS付き
・honto(同一タイトルの電子書籍が50%OFFで購入できるサービスあり)

▼特典情報
SSは物語の後日談になっておりまして、ラブラブな甘いお話になっています。
お近くにお住まいの方は是非。通販もあるようですので是非ご予約を!

★特典1:SS配布書店はこちら。
【中央書店コミコミスタジオ様】(通販)
【中央書店コミコミスタジオ様】(広島店)
【中央書店コミコミスタジオ様】(町田店)
【ホーリンラブブックス様】

★特典2:表紙絵使用ブロマイド
【ホーリンラブブックス様】
なんとSSだけじゃなくて水綺先生の美麗な表紙絵のブロマイドも付くそうですぞ!
どうぞご予約ください!!


***

公式の発売日は6/12、配本は6/9です。お店で見かけたときには是非お手にとっていただければ。
鮮やかでキラキラした素敵な表紙です!中のイラストも素敵です!!
帯付きの表紙はこちら!!!

帯付き


***

ついに表紙が!ああ、ありがたいことです。
キラッキラしております。キラッキラです。
イラストレーターは水綺先生だとお聞きしていたので、
執筆中はある程度イメージは固まっていましたが
ラフというより設定資料集のような絵が届いたときにはワーオ!でした。

ヒーローのジョンは黒髪で灰色の瞳。王子様なのにうさんくさい感じとか(褒め言葉!)
やんちゃでワイルドな偉そうな感じがにじみでておりますはい。
ヒロインのクレアは淡い色の金髪で青い瞳。女性というよりも中性的で少年のようなタイプ。
青い軍服が似合うクールビューティーでございます。
二人とも、イメージ通りの素敵なキャラクターにしていただきました。

背景にあるのはシャンデリア。動きがあるのに絵画みたいでとても素敵!はぁぁぁん!
仮面舞踏会のキラッキラした感じが伝わってきて感動でございます。


あと、モノクロのイラストもですね……すごく……素敵……です。
とっても……なんていうか……すごいの(ゴクリ)←語彙が無くなる
水綺先生の素敵なイラストを、是非お手にとってご覧いただきたいです。


* * * 6/2追加 * * * 

公式の発売日は6/12、配本は6/9です。お店で見かけたときには是非お手にとっていただければ。
鮮やかでキラキラした素敵な表紙です!中のイラストも素敵です!!

さて、あらすじの全文も出ておりますし、発売間近ということもありますので
ネタバレにならない程度でご紹介いたします。


ヒロインのクレアは、由緒正しきブランチャード公爵家に仕える『白獅子の騎士団』の団長。
何百年もの伝統を誇る『白獅子の騎士団』は、国の危機を何度も救った英雄として、国中から尊敬を集めております。

すでに銃がある時代。『騎士団』という名前は引き継ぎつつも装備は近代的になり、甲冑はつけておらず軍服にマスケット銃が基本に。小規模ながら銃騎馬兵の軍隊です。
物語の舞台となる王国にも国軍はありますが、有事の際には領地を治める貴族たちが管理している私軍が国の元にはせ参じることになっております。
そのため特にクレアの仕える公爵家は、国からも一目置かれる存在。騎士団にあこがれる者は多いのです。

そんな騎士団を女性がまとめているということに難色を示す者たちは多く、クレアは公爵の愛人だという噂がまことしやかに囁かれております。
クレアは特に噂を否定することもせず、王都から離れた公爵家の広大な領地を守りながら、いつも通りの生活をしておりました。
しかし。ある夜、公爵家の城に賊が侵入。クレアの日々は大きく変貌していくのですが……

クレアは、男社会の中で頑張って、騎士団長にまでのぼりつめた女性。
中性的で青年のような容姿と、クールで厳しい言動からは『氷の騎士』とも言われています。
とある事情で騎士団に入ることを決意したクレアは、辛い訓練にもめげることなく、軍人として公爵家に仕えてきました。
でも、その秩序ある世界の中に突然入り込んできたジョンという存在は、クレアにとっては異物であり許せない存在だったはず。
性格も立場も違う二人に芽生えた気持ちがどう変化していくのか。

一方、クレアに惹かれたジョンは、愛人と噂されながらも肝心なところで男慣れしていないクレアを口説き落とそうとしますが……
彼は『氷の騎士』を篭絡することができるのかッ!!

まあ、アレです。あらすじからご想像いただける通り、
ツンな女騎士が、放蕩王子につまりくっころ

…いいんでしょうか。ティーンズラブ小説でこんなことを(よきかなよきかな)
ああ、でも大丈夫です。これは女性向けのロマンスです。ファンタジーです。
そしてジョンは王子様です。盗賊の姿をしようが何をしようが、王子様は王子様なのです。
クレアを溺愛するあまりに少々おかしくなった残念な王子様ですが、実は真面目な青年です。
嫉妬に狂う王子様を生温かく見守ってあげてください。


というわけで、少々個性的な作品かもしれませんが、
ロマンスの王道を突き進んでおりますので、二人のロマンスが中心です。
クレアと一緒に、愛と勇気と冒険とホットなロマンスを楽しんでいただければうれしいです。

↓こちらもあわせてご覧ください♪
裏話その2.ストーリーについて『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~仮面舞踏会の蜜夜〜』
裏話その1.ヒーローの名前の由来『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~仮面舞踏会の蜜夜〜』


ロマンス小説がお好きな方も。ティーンズラブがお好きな方も。
ハッピーエンドのロマンスがお好きな方に楽しんでいただけますように。
クレアとジョンの冒険をお届けできれば幸いです。


→ハニー文庫公式サイト『女騎士は放蕩王子の愛に戸惑う~仮面舞踏会の蜜夜~』はこちら

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット